ブログ
こんにちは!藤枝市にある整体院導院長の石川です!
今回は変形性膝関節症の方の常識を覆す驚きの情報をお伝えします。
変形性膝関節症で病院に行ったら、大半の方がヒアルロン酸注射を打つと思いますが、もしそれが『効果がない』という研究がすでに発表されていると言ったらあなたは信じますか?

ヒアルロン酸注射の最新情報

変形性膝関節症のための粘性補充:系統的レビューとメタアナリシス こちらの研究では


粘性補充がプラセボと比較して変形性膝関節症の痛みのわずかな減少をもたらすことを示しているが、その差は群差間の臨床的に重要な最小量よりも小さい。強力な決定的な証拠は、粘性補充がプラセボと比較して重篤な有害事象のリスク増加とも関連していることを示している。この新知見は、変形性膝関節症の治療のための粘性補充の広範な使用を支持していない。

と結論付けられています。

ややこしい言葉が多いので簡単にお伝えすると 『ヒアルロン酸注射は痛みをほんの少し軽減してくれるが、それはプラセボ(思い込み)とほとんど差はない。またヒアルロン酸注射をすることで重篤な病気になる可能性が増加すると分かった。』

といったところですね。

この研究は、これまで注射を打ってきた方、これから打とうか考えている方にとって脳天を撃ち抜かれるような内容かと思います。

重篤な有害事象とは

気になる【重篤な有害事象】ですが論文では以下のものがあると記載されています。

①入院
②入院期間の延長
③持続性または重大な障害
④子孫の先天性異常
⑤生命を脅かす事象
⑥死亡


もちろんこれらはヒアルロン酸注射をしたから必ず起こるものではありませんが、効果がほとんど認められない治療に対して起こり得るリスクにしてはあまりにも大きすぎるものでしょう。

今後の治療はどうなる?

※ここからは完全なる私見です※

ただ効果がないという結果だけなら、実際にヒアルロン酸注射をすると楽になるという方もいますのでこれまで通りでいいんじゃないかなという考えになりますが、今回の結果では効果がない&有害であると明確に発表されているので避けられるのであれば避けていった方が良いのかと思います。

変形性膝関節症の治療はヒアルロン酸注射だけでなく、運動療法など他にも選択肢は多くあるのでわざわざ有害リスクの高いものを選択して治療を受ける必要はありません。

もし今通院していて毎回注射を打ってもらっているのであれば一度担当医に相談してみてはいかがでしょうか?

毎回打っても痛いのであれば、そもそもヒアルロン酸注射の効果自体は高くないのではないかと思いますが・・・。

藤枝市にある整体院導では、多くの変形性膝関節症に悩む方々が完治へ導かれています。
当院の変形性膝関節症に対する治療ポイントは主に3つ
①痛みのないソフトな整体
②オーダーメイドインソールによる歩行力の再獲得
③炎症を抑えるための栄養療法

『昔のように階段や坂道をスタスタ歩きたい!』
『買い物を楽しみたい!』
『旅行に行って歩き回りたい!』

あなたのその治したい!というお気持ちを全力でサポートし、根本改善に必要なものをご提供いたします。
もし、心から変形性膝関節症を治したいとお考えなら、是非一度当院へお越しください。

おすすめの施術

根本改善施術
 

気になる色々な症状

腰痛症状ボタン
坐骨神経痛症状ボタン
ヘルニア症状ボタン
五十肩状ボタン
膝痛症状ボタン
股関節症状ボタン
脊柱管狭窄症ボタン
変形性膝関節症ボタン
変形性股関節症ボタン
頭痛ボタン
めまい
足底筋膜炎
顎関節症ボタン
自律神経失調症
腱鞘炎ボタン

お問い合わせ