脊柱管狭窄症
初回オファー

4月 残り1名様!

LINEで予約
電話で予約
なぜ多くの方の
脊柱管狭窄症が改善し
明るい未来を当院で
手に入れられるのか?

こんなお悩みありませんか

このような症状でお悩みではありませんか?
  • 10分以上歩くのがつらい
  • 買い物も外出もつらい
  • 足のしびれ・痛みに悩まされている
  • 立っていると辛いが、座ると足のしびれが楽になる
  • 病院や接骨院に3カ月以上通っているが保険施術に効果を感じない
  • 医師には「安静にするしかない」と言われた
  • 「手術するしかない」と言われたが絶対したくない
  • 家族・友人と旅行に行きたいが、歩けるか不安で断っている
  • 寝たきりになるんじゃないかと毎日が不安
  • このまま脊柱管狭窄症と付き合っていくのは嫌だ!
  • 脊柱管狭窄症とは?

    痛みがある男性画像
    脊柱管とは背骨にある神経の通り道で、内部はトンネルのような構造になっています。

    脊柱管狭窄症はトンネル部分の構造が変性を起こし、神経の伝達が悪くなることで起こります。

    脊柱管が変性する理由はいくつかありますが、代表的なのは下記のものです。
    • 年齢による影響
    • 過去の背骨の骨折や脱臼
    • 腰椎すべり症や背骨のずれ
    • 関節包の変性
    こうした変化が原因で背骨への負担が大きくなり、背骨と背骨の間の椎間が狭くなったり、骨自体が変形したりします。

    そして、ちょっとした動きで背骨のねじれや横方向へのずれが生じ、脊柱管狭窄症が発生します。
    脊柱管狭窄症はそれだけで症状が現れるわけではなく、神経の圧迫や摩擦が症状を引き起こす要因です。

    脊柱管狭窄症の特徴

    脊柱管狭窄症の方は、歩き始めは何も症状がなくても、しばらくすると、徐々に腰から脚にかけて痛みや痺れが出てきて歩き続けるのが辛くなります。
    その際、腰を丸めたり座って少し休むと痛みや痺れが落ち着き、また歩けるようになりますが、少し歩くと同じような症状を繰り返してしまいます。(間欠性跛行:かんけつせいはこう)

    少し歩いて、歩けなくなるまでの時間には個人差がありますが、悪くなってからの経過や脊柱管狭窄症のタイプによって異なります。
    目安として、20分以上歩くことが出来なければ、重症タイプだと考えてください。

    脊柱管狭窄症3つのタイプ

    脊柱管狭窄症には3つのタイプがあるのをご存知ですか?

    神経根型

    神経根が障がいされる型。
    体の使い方により左右どちらかの神経根が障がいされ、片方の脚に痛みや痺れが発生します。

    まれに両側が障がいされる場合もあります。

    馬尾型

    神経の束である『馬尾神経』という部が障がいされる型。
    多くの神経が影響を受けるので、神経根型よりも広範囲で、かつ様々な症状が出やすいことが特徴です
    馬尾型では、両側に症状が広がり、痛みや痺れの他にも脚の筋力低下や冷たい感じ【感覚の異常】や膀胱・直腸へ神経障がいが起こり、おしっこや排便コントロールが効かなくなることで軽い失禁をすることもあります。(膀胱直腸障害:ぼうこうちょくちょうしょうがい)

    もし、膀胱直腸障害が現れている時は整体などの保存療法での回復では限界があり、可能な限り早期の手術が必要となります。

    混合型

    神経根と馬尾の両方が障がいされる型。
    症状として馬尾型よりも重く、両方の症状が出ることがあります。

    放っておくと

    杖歩行
    脊柱管狭窄症を放っておいた場合、一番に考えられるのが歩けなくなるという問題です。

    すぐに歩けなくなるわけではありませんが、症状の悪化とともに徐々に長く歩けなくなっていくでしょう。
    ひどい場合は5分歩くことも難しくなります。
    そうなれば旅行はもちろん、買い物も外出も難しくなります。
    杖を使わないと歩けなくなる方もいるため、脊柱管狭窄症は早く対処することが何よりも大切です。
    思うように歩けない生活が続くと、足の筋力が低下し、ますます歩くことが億劫になってしまいます。

    外出する頻度が少なくなり、身体活動レベルが低下することでさらなる血行不良・筋力低下・神経伝達機能の低下を引き起こし、より症状が悪化する負のループにはまってしまいます。

    年のせい?

    実は70歳以上では、85%以上の方に脊柱管狭窄症があると言われています。
    ということは、70歳以上の方はほとんど脊柱管狭窄症をわずらっていることになります。
    ですが、同じ70代でレントゲンやMRIで脊柱管の狭窄が認められても、全く無症状で元気な方も多くいます。

    反対に画像上は狭窄がごくわずかしか認められないのにも関わらず、20分以上の歩行が出来ないほど強い症状が出ている方もいらっしゃいます。
    これは紛れもなく「加齢」だけが原因ではないと言える根拠です。

    「もう年だから…」と病院で言われたり、自分でそう思っていませんか?
    まだ諦めないでください!
    当院のオーダーメイド施術によってお客様が元気に好きなことを思う存分出来るお身体になるよう導いていきます。

    当院での改善方法

    当院での改善方法
    藤枝市の「整体院導」では、問診・検査、施術、セルフケア指導で脊柱管狭窄症改善を進めます。
    脊柱管狭窄症を改善するには、腰や股関節だけを診るのではなく、検査で原因を特定し、どのようなオーダーメイド施術を行うべきか決めていくことが大切です。
    脊柱管狭窄症の場合も、単に腰や股関節の問題だけではなく、その先には足首の硬さや足の指の機能低下が隠れていることがあります。

    脊柱管狭窄症改善までの3STEP

    ①STEP1:体を悪くする生活習慣の特定・除去
    体を悪くしている要因(生活習慣リスク)をカウンセリング・検査ですべてあぶり出します。

    ②STEP2:歩行力の改善⇒靴の選定・インソール提供
    人が本来持っている『正確に歩ける身体の機能』を目指し、関節に潤いを与えながら関節の正常な動作を取り戻すために施術し、改善していきます。
    同時に誤差の少ない人の手による精密な足測定を行い、あなたにピッタリ合った靴とインソールの提供をし、歩行力の向上を目指します。

    ③STEP3:修復の促進
    STEP2までで狭くなった部分を修復しようとする力『リモデリング』が働く環境が作られたのを確認し、さらにその働きが強くなるように必要な運動や施術を行っていきます。

    脊柱管狭窄症は藤枝市の整体院導にお任せ下さい!

    痛みや痺れを抱えている状態は非常に辛く苦しいものですが、症状が改善していく過程において『痛み』だけを意識して、それを取る行動をすることが良いとは限りません。
    人は自然治癒力という素晴らしい回復力を生まれ持っていますが
    「体に良いと思ってやってたことが、実は悪いことだった」
    と、知らないうちに悪くしてしまっていては、本来働くべき回復力も十分に発揮することができません。
    そのため、私がお伝えする脊柱管狭窄症改善のための3STEPは、「症状が改善していくために必要な条件をしっかりおさえたもの」にしてあります。

    脊柱管狭窄症の改善期間には、それまでの生活習慣や体力によって個人差があります。

    あなたの辛い症状が落ち着くまでには最短で3カ月、平均6か月かかります。
    長期間に渡り、歩行機能が低下してしまっている場合は、歩行機能の回復に時間がかかるため、1年近くお時間がかかることもあります。

    なぜなら、一番の原因が『正常な歩行が出来なくなった事による組織の変性』だからです。
    つまり、使わない身体の働きに合わせて、身体が変形するということです。

    だからこそ

    ①生活習慣リスクの特定・除去
    ②歩行力の改善
    ③修復の促進


    この3ステップは欠かせないのです。

    この症状克服に必要なことは、目先の痛みばかりに囚われず、「数ヶ月間を頑張る」という諦めない気持ちだけです。
    この諦めない勇気さえ振り絞って頂ければ、あなたのその勇気を私がしっかり受け止めます。
    まず最初の一歩を踏み出してあげてください。
    そして、力強く自分の足で歩けるようになった時が来たら一緒に喜びましょう!私にお任せください!
    初回オファー

    4月 残り1名様!

    LINEで予約
    電話で予約

    整体院導が選ばれる5つの特徴

    5つの特徴

    画像特徴1
    常に最新の整体技術を
    取り入れている

    当院の院長は、休日も施術の勉強をするほどの施術好きです。
    毎日様々な文献から情報を得て、最新の整体技術を取り入れています。

    お客様の症状を一日でも早く改善するために、より良い施術ができるように
    取り組んでいます。
    実際に、手術が必要とまで言われた変形性股関節症やヘルニアの方が、当院の施術で改善したケースも数多くあります。
    最新理論に基づいた施術を行えることが「整体院導」の強みです。

    説明の画像1

    画像特徴2
    一人ひとりに合った
    セルフケアをサポート

    施術は院長が行いますが、施術だけで改善することは
    できません。
    身体に痛みが出ているのは、背骨の歪みや筋膜の動きが悪くなっている証拠です。
    施術で一時的に改善できても、背骨の歪みや筋膜の動きの悪さは日常生活のクセによって元に戻ってしまいます。
    より短期間で改善するためにお客様の状態にぴったり合ったセルフケアも大切です。

    当院では、100種類以上のセルフケアからお客様に合ったものをお伝えします。

    説明の画像2

    画像特徴3
    アフターケアも充実

    当院ではお客様一人ひとりに、5分程度でできるセルフケアの指導を行っています。
    しかし、自宅で記憶を頼りにセルフケアをするのは難しく、多くの方が挫折しやすいというデメリットもありました。

    院内でだけでなく自宅でできるセルフケア
    お伝えいたします。
    施術後のセルフケアまで含めたサポートを行えるのが、「整体院導」の強みの1つです。

    説明の画像3

    画像特徴4
    土日祝日も
    夜20時まで営業

    当院は土日、祝日も朝9時から夜20時まで営業しています。
    平日の仕事帰りに立ち寄っていただくほか、休日のすき間時間に受診することもできます。

    毎日仕事や家事で忙しい方でも、空いた時間に施術を受けやすいのが当院の強みです。

    他院に受診する時間が作れない方は、「整体院導」をぜひご活用ください。

    説明の画像4

    画像特徴5
    完全予約制で待ち時間ゼロ

    当院はお客様の待ち時間をゼロにするため、完全予約制で対応しています。
    施術には1人あたり30分~40分も必要ですから、みなさまのお時間を無駄にしないためです。

    また、施術はリラックス出来る落ち着いた空間で行っており、周囲の人目を気にすることもありません。
    「整体院導」はリラックスできる時間と空間を提供し、みなさまが施術に集中できるように配慮してまいります。

    説明の画像5

    施術の流れ

    施術の流れ1
    施術の流れ2
    施術の流れ3
    施術の流れ4
    施術の流れ5
    施術の流れ6

    私は藤枝市のどの整体よりも、
    あなたの症状改善を本気で取り組み施術します。

    初回オファー

    4月 残り1名様!

    お問い合わせ

    アクセス

    院名 整体院 導 みちびき
    所在地 〒426-0041
    静岡県藤枝市高柳2丁目
    7-32 201号室
    電話番号 080-4541-9950
    受付時間 火・水・金・土・日 9:00〜20:00
    定休日:月・木

       

       

    診療時間
    9:00〜20:00
    定休日 月・木